orangeProse別館

orangeProse(本ブログ)の補助

words

青く光る丑三つ時の自販機が泳ぎ疲れた僕にやさしい(静ジャック)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 青く光る丑三つ時の自販機が泳ぎ疲れた僕にやさしい/静ジャック

まだ君は滲みはじめてないけれど僕は滲んでいるのだろうね(白井肌)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 まだ君は滲みはじめてないけれど僕は滲んでいるのだろうね/白井肌

守るべきものなど何もないくせに袋へ優しく卵を詰める(橙田千尋)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 守るべきものなど何もないくせに袋へ優しく卵を詰める/橙田千尋

なにひとつ決断したくない日です並走しているグレイのセダン(倖)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 なにひとつ決断したくない日です並走しているグレイのセダン/倖

缶けりのルールが君と違っててふいに黄桃つるんと逃げる(雪間さとこ)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 缶けりのルールが君と違っててふいに黄桃つるんと逃げる/雪間さとこ

いとおしい代替品に囲まれてレタスをむしるたまごを壊す(純)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 いとおしい代替品に囲まれてレタスをむしるたまごを壊す/純

汽車を待つふりして春を待っていた無人の駅で君とふたりで(冨樫由美子)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 汽車を待つふりして春を待っていた無人の駅で君とふたりで/冨樫由美子

父達と祟った血断ち取った土地太刀と盾立て父と立つ土地(くろだたけし)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 父達と祟った血断ち取った土地太刀と盾立て父と立つ土地/くろだたけし

やわらかにひかりの満ちる精神科病棟に夏 蝉は鳴かない(長月優)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 やわらかにひかりの満ちる精神科病棟に夏 蝉は鳴かない/長月優

プラレールの窓から見えるキッチンにまだ若かったぼくのかあさん(nu_ko)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 プラレールの窓から見えるキッチンにまだ若かったぼくのかあさん/nu_ko

うたの日サルベージ:「鬱です」と明るく言うし医師(せんせい)の髪型ロールシャッハだし、はぁ(璃子)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 「鬱です」と明るく言うし医師(せんせい)の髪型ロールシャッハだし、はぁ/璃子

うたの日サルベージ:知らんけどゆふべあの子が泣いたとか星やないからうち知らんけど(最寄ゑ≠)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 知らんけどゆふべあの子が泣いたとか星やないからうち知らんけど/最寄ゑ≠

うたの日サルベージ:なんとなくわたしによくない気がするしあなたの鼓動を聴くのをやめる(多田なの)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 なんとなくわたしによくない気がするしあなたの鼓動を聴くのをやめる/多田なの

うたの日サルベージ:かき混ぜた後は汚い何もかもスタバのカップもきみもわたしも(度会)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 かき混ぜた後は汚い何もかもスタバのカップもきみもわたしも/度会

うたの日サルベージ:冷たさをたぐれば灯る電球と人差し指のどちらかが過去(水没)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 冷たさをたぐれば灯る電球と人差し指のどちらかが過去/水没

うたの日サルベージ:味噌汁を咥えてダッシュして出会う少女マンガのワンシーンみたいに(宮本背水)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 味噌汁を咥えてダッシュして出会う少女マンガのワンシーンみたいに/宮本背水

うたの日サルベージ:御依頼を頂きましたこの件もセンチメンタルが対処します(鶴田よめ)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 御依頼を頂きましたこの件もセンチメンタルが対処します/鶴田よめ

うたの日サルベージ:シマウマのしまをくるくる取るように黒い下着を脱がせて欲しい(月丘ナイル)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 シマウマのしまをくるくる取るように黒い下着を脱がせて欲しい/月丘ナイル

うたの日サルベージ:鈴の音はもう聞こえないケースには産卵管のたくましい雌(小川けいと)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 鈴の音はもう聞こえないケースには産卵管のたくましい雌/小川けいと

うたの日サルベージ:夜の花ではない花が夜ひらきさてまちがっているのはどっち(多田なの)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 夜の花ではない花が夜ひらきさてまちがっているのはどっち/多田なの

うたの日サルベージ:また冬は来るのだろうかマフラーに喉のへこみが残ったままだ(山口正剛)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 また冬は来るのだろうかマフラーに喉のへこみが残ったままだ/山口正剛

うたの日サルベージ:痛恨の一撃だった 一日の頑張りは保存されてなかった(みやこどり)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 痛恨の一撃だった 一日の頑張りは保存されてなかった/みやこどり

うたの日サルベージ:万国旗取り外されて白線とあまたの椅子の軌道残れり(小泉夜雨)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 万国旗取り外されて白線とあまたの椅子の軌道残れり/小泉夜雨

うたの日サルベージ:美しい不眠だったね雪の日の乗らない始発を眺めにいった(多田なの)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 美しい不眠だったね雪の日の乗らない始発を眺めにいった/多田なの

うたの日サルベージ:ここで鱗を取りますという君がきちんと悲しそうでよかった(多田なの)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 ここで鱗を取りますという君がきちんと悲しそうでよかった/多田なの

うたの日サルベージ:未練だと思っていたら鳥でして羽を返せば飛ぶのでしょうね(水没)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 未練だと思っていたら鳥でして羽を返せば飛ぶのでしょうね/水没

うたの日サルベージ:毒を持つ花の切手のうらがはを疑ひもせずきみは舐めたり(桔梗)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 毒を持つ花の切手のうらがはを疑ひもせずきみは舐めたり/桔梗

うたの日サルベージ:うつむいて爪半月をじっと見る組体操のいちばん下で(グンちゃん)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 うつむいて爪半月をじっと見る組体操のいちばん下で/グンちゃん

うたの日サルベージ:目の前の無限の宙をまだ見とる溺死したけど喰いつかんでね(花暁)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 目の前の無限の宙をまだ見とる溺死したけど喰いつかんでね/花暁

うたの日サルベージ:捨てることに躊躇いはなく手放したものの重さでまた陽が沈む(藤田美香)

※「うたの日」に書いた選評をサルベージしてみます。ブラウザにベタ書きしていたので。初出になかった改行を加えたり、誤字を訂正したりはしています。 捨てることに躊躇いはなく手放したものの重さでまた陽が沈む/藤田美香