orangeProse別館

orangeProse(本ブログ)の補助

「プネウマ/ネウマ」短歌研究新人賞2019年応募作品

f:id:hidex7777:20190828035145j:plain f:id:hidex7777:20190828035201j:plain f:id:hidex7777:20190828035215j:plain f:id:hidex7777:20190828035226j:plain

[PDFをダウンロード]

プネウマ/ネウマ   斎藤秀雄

いくつものボールの弾む音だけをこころのようになにもない部屋

肉の血を吹きあげながらおおいなるものへと脱皮する朝の野火

ムスカリのひとつひとつの鈴の音の跳ね返される刑場の壁

真夜中の無音を裂いて硝煙のにおいを残す燕の空は

ひどく長い地下道を出る乳色にゆるくかたちを帯びてゆく街

花筏はがねの柵にとどまればしののめあばくその鋼色

陽のなかを銀の一輪車の子らがよぎる小手毬ぼうと明るむ

はつなつの街に見馴れぬ少女らがけっして恋をしない少女ら

暴動の気配籠もらせ東京のあらゆる水に群れつどう鳩

子らは街を去るたくらみをあじさいは暗がりという歓待をつねに

瞑るときあなたの触れる背中からわたしへ入るじかんの背骨

くれないに満ちるトマトをふたつ買う海のきおくと雪のきおくと

背中からわたしの声がひまわりの顔のすべてをおおう熊蜂

湾岸をあしおと四つくるぶしに纏わるものが七月の糸

いきいきと少年は息 噴水の弧へいきいきと母音発声

あたらしい銀白色の洗面器水をみるその奥にも水が

ラビオリの生地をたたむと生活に深すぎて手の届かない河

桃の実と桃の皮とのあわいにはあなたがこぼす憂い籠もりて

秋風にからだを占拠されそうな夜を蓋するように這い出る

曼珠沙華そしてどこかで鶴が死ぬひとりで背負う空の高さを

めつぼうとこころに言えばいっせいに樫を剝がれる八十八羽

てのひらにふたつの胡桃ころがして遠くきこえる幹の振動

ことばから逃げる針路のかたわらに檸檬畑へ降りる階段

釣りをする猫の置物こがらしのどこかで会った感じの奥に

嘲笑に耳をふさいでふり向くと孔雀のかこむ孔雀の火葬

昧爽に焚火をすればわらわらと湧いてくるなり死者も生者も

足もとを水の流れる音がして陶磁器くずの山の薄雪

薄く雪がひとつの町をくるむとき一羽の影がさわる子午線

蝶また蝶また蝶沖へ出て氷る砕けてもまだ銀の鱗粉

うつむくと圧し潰す音見あげると街にかぶさる薄膜の藍

【短歌作品】ユリシーズ・プリズメン

※同人誌『We』第6号(2018年9月刊)に掲載した10首です。これを書いている現在(2019年8月末)時点で第8号が出ています。

「ユリシーズ・プリズメン」斎藤秀雄

  • 白妙の袖ふりはふるみとりめのあぐるをのこの清げなるまら
  • ダブリンの朝、腸詰めを買う女その二十日後に失恋をする
  • 新聞にはさみを四度さしこんでレッド・マリーは記事をきりぬく
  • 疵のないオレンジ包むうすい紙 ヤッファ埠頭の陽射しが重い
  • 片脚のない物乞いのない脚を見ているぼくの黄色いよだれ
  • アブサンはみどりいろの血 海岸のマストはまぜる分厚い雲を
  • 青い下着はいてきたのよ、ああ!花火!鐘の薫りにけむるこうもり
  • 藍色のサージの紳士 ダブリンのおんなは鐘の裂け目を知った
  • むらさきのガーターベルト 数本の男の人がまぜこぜになる
  • 二つの瓶の上の卵を撃ち落とすそしてすべての船の難破へ




【加藤知子句集『櫨の実の混沌より始む』】――定型なんて、知ったふり

春の光 (同人誌『We』第6号〔2018年9月発行〕に掲載された評論文です。掲載時タイトル:斎藤秀雄「定型なんて、知ったふり――加藤知子の俳句」)

加藤知子さんの句を読むとき、どうしても「定型とは何か」ということを考えてしまう。精確には「定型は読みの実践においてどのように機能しているのか」という問題を。

加藤作品に、通奏低音ならぬ通奏打撃音として鳴り響いているのは、跳ね回る爽快なリズムであることは、多くの読者が認めるところだと思う。たとえば第一句集『アダムとイヴの羽音』から引いてみよう。

  • 五月の青年まぶしき葬儀場
  • 柚子の実もいだどこまでも空が明るい
  • 寒椿ふたつ掌にあるたっぷりひとり
  • 怒る男春雷のように咬めり

いずれも、一般的な俳句の用語で言うならば「破調」と呼ばれるものだ。つまり一般的に「お約束」とされている「俳句は五七五」というルールを破っているのだが、ここに挙げた句には、「破調」ということばに含意されるような「逸脱している」感触がない。むしろ、一句が作品として、みずからの律を統制している感触がある。少なくない俳句読者が「いかにも五七五」というタイプの俳句作品に対して物足りなさ、退屈さを感じてしまうのは、多くの場合、作品が律を統制しているのではなく、定型によって作品が統制されている感触を得てしまうからではないか。

ここで考えてしまうのは、(A)俳句の作者にとって、〈定型意識〉がどのように作用しているのか、(B)鑑賞者が俳句作品を読むさいに、〈定型意識〉がどのように作用しているのか、というふたつの問題である。もちろん、《古典的な美学では常に、創作する、あるいは鑑賞する主体が前提とされていた〔…がいまや〕主体の概念を放棄》しなければならない(ルーマン『社会の芸術』七一頁)。作者はたんに《自分の身体を第一次的な観察者として先行させておかなければならない》(同前、五八頁)だけである。作者は作品(テクスト)にとって最初の読者であるというだけだ。しかしこの、いまや自明となった「作者の死」(バルト)を、ここでは一旦棚上げにしておきたい。筆者である私も、俳句の作者として「書いているもの」を観察する場合と、読者として「書かれたもの」を観察する場合とで、なにか微妙な違いがあるように思うからだ(いまのルーマンの引用は、我田引水に過ぎるかもしれない。ルーマンは、作者と鑑賞者とでは、観察の性質に違いがある――作者は一度きり、鑑賞は反復的――としている。作者は一度制作したなら、鑑賞者の側にまわる)。

ここで〈定型意識〉についての、みっつのパターンを想定してみよう。(1)心底「俳句は五七五」と信じている(もっとも人口が多い)、(2)「俳句は五七五」というお約束がフィクションであることを知っており、作品をもってして作品に律を統制させようとしているか(作者の場合)または作品内在的な律を発見しようと読んでいる(読者の場合)、(3)このお約束がフィクションであることを知りつつ、「あえて」信じているふりをしている。ここで注意すべきは、(1)と(3)では、ふるまいにおいて区別がつかないという点である。(3)の「あえて」の態度はシニシズムであり、シニシズムはじつは服従と変わるところがない。ジジェクヴォネガットを引いて述べるように《ふりこそが自分なのだ。だから何のふりをするか、気をつけなくてはならない》(ジジェク『汝の症候を楽しめ』六頁)。

私が言いたいのは、(2)こそが「正しい」態度である、ということではない。なぜなら、俳句作品に接するとき、どうしても「五七五」を手がかりとして読まざるを得ないからだ。このとき、やはり(2)のふるまいも、他のパターンと区別がつかないことになる。このことを検証するための事例として、第二句集『櫨の実の混沌より始む』から引いておこう。

  • いづれさざんか人体かくもけなげ
  • しづ子句とわが水位測りつつさみだれ
  • 鳥小屋に寝ていて孤独は円い
  • いわし雲さば雲変装写真かん

これらが「破調」、ないし〈いわし雲〉について言えば「句またがり」である、と我々が分かるのは、五七五という「手がかり」に照らし合わせてみるからである。分りやすいのは〈鳥小屋〉で、《鳥小屋に》という導入から五七五を期待(!)してしまうのだが、《寝ていて孤独》まで読んだところで《は円い》が四モーラ(拍)からなることに気づく。ただし、この句の場合、《は□円い》と休符を入れて五拍として読むのが「適切」であることも、同時に気づく。これらの「気づき」は、五七五をなんらかの意味で「前提」しなければ、不可能ではないか。もちろん、《鳥小屋に寝ていて 孤独は円い》とするすると読み下してもよいのだが、そのような読み方が「適切」であると感じるためにはやはり、この句が五七五ではない律を備えているということを、(手がかりを利用して)知っている必要がある。

この文章を私は、加藤句集の批評文として書いている。ゆえに冒頭に掲げた「問題」について、結論めいた回答ができるとは思っていない。けれど、今述べたような事態が、書く際にも読む際にも、俳句には必ずつきまとってしまうのではなかろうかと思う。まるで呪いのように。

句集評(ないし作家論)らしくふるまうために、最後に加藤作品にある「通奏打撃音」について述べておこう。私が第二句集でもっとも魅力を感じた句は、前述の〈いわし雲〉である。この句にある「破調」は、「句またがり」と「中八」ぐらいのものだが、なぜこうもリズムが爽快なのだろう。〈変装写真かん〉はおそらく一単語で、そうするとこの句はみっつの単語を羅列しているだけである。〈かん〉が仮名にひらかれることで何が起きているのか。

この句の不思議な感触に驚き、立ち止まって、よく(反復して)観察すると、〈変装〉と〈写真かん〉が分離可能であることに気づく。さらに、〈変装写真〉が表記によって〈かん〉から分離されるようにも感じる。これらの読みを経ると、〈写真〉が浮上してくる。この写真は、〈いわし雲さば雲〉が写った一枚の写真であろうか。複数枚であろうか。しかし雲の写真のことを考えていると、〈変装〉が謎として浮上する。こうした「読み」は、「解釈」ではない。ただ私はそのとき、翻弄されており、それを楽しんでいるのである。いわば、区別する線がくるくると移動し、単語が分離したり接続したり、読みのあいだに動的に動き回るのだ。〈形式〉について、ルーマンHow Does a Poem Mean?という詩の教科書から、次の箇所を引用している。《形式とは、本質的に言って、詩のある部分(ひとつの律動)が他の部分に対して、沈黙を横切って自分を押し出す、その仕方なのである》(ルーマン前掲、三九頁)。「律動が沈黙を横切って押し出す」とは、まさに加藤作品を形容するのにうってつけのことばではないか(この「沈黙」とは、俳句では五七や七五、または単語や文字を区別するみえない線のことだろう)。

第二句集について、私は初読、「おとなしい」「物足りなさがある」と感じた。その原因は、句集の他のパートと比較して「おとなしく」書かれているようにみえる「句日記的震災記」が後半三分の一の位置に来ており、その後再び跳ね回りを始めてから句集の末尾に至るまでの頁数が少ないことにあるように思う(ただし、「震災記」に対するこの印象は、熊本の震災の映像が、まだなまなましく私の記憶に残っているためであり、作品内在的というわけではない。個別作品的には「おとなしい」とは言えないものもある。たとえば《地響きの後のぐわしゃぐわしゃなんじゃもんじゃの葉》など)。けれど、加藤さんは、すでに第三句集の制作に取り掛かっている。このスピード感が面白い。つまり少ない頁数の最後のクライマックスは、「次回作に続く」という「引き」なのだ。このスピード感は、シリーズ物の小説や映画、アニメや漫画にはあったかもしれないが、俳句の世界では、少なくとも私は初体験である。この点も、画期的な点として、特筆すべきことと思っている

【参考文献】

確定申告を1時間で終わらせる2018年版

f:id:hidex7777:20180314233411j:plain 今年もやるよ。確定申告タイムアタック

参考資料は、去年の自分の記事:

確定申告の手順は毎年忘れてしまうので、過去の自分の記事を読みながら進める。この記事も来年の自分へ向けたメッセージである。

なお、決算処理・期首処理の手順もいちおう、書いておく。

用意するもの・準備

  • GnuCash
  • カードリーダー(ドライバーのインストールが必要)
  • 電子申告事前準備セットアップファイル(公的個人認証サービス)【後述】
  • マイナンバーカード(電子証明書
  • 電子署名用パスワード
  • e-Tax利用者識別番号
  • e-Taxの暗証番号(という名のパスワード)

カードリーダーはいまや2000円を切っている。

(ドライバーはSCR331/SCR3310 Contact Smart Card Reader | Identiv Support

↑のものは、NTT製品のOEMだけど、NTTから2000円前後の安いものが出たようなので、今買うならそちらを↓

前提として:

続きを読む

openFrameworksで軌道の残像を描画しつつ画像保存する方法

f:id:hidex7777:20171216232057p:plain

Processingでやってきたことを、 さいきんopenFrameworksに移植しています。

きのう、次の問題に出くわしました:

  • Processingではdraw()関数で、フレームごとに半透明の四角形で覆えば、画面上を移動する描画の軌道を、残像として描写することができる。
  • が、openFrameworksでは、同じことをやろうとしても、勝手に前回のフレームで描画したものが消されてしまう。
  • この問題は、ofSetBackgroundAuto()メソッドがデフォルトではtrueに設定されているため生じる。
  • ゆえに、ofSetBackgroundAuto(false)と命令してやれば、解決する。
  • ところが、この状態のまま、ofImageクラスのメソッドgrabScreen()を使い、save()でファイルに保存しようとすると、真っ黒な画像が生成されるだけである。
続きを読む

note連動《マイ本棚でまとめるマイ人生》文献表

noteの「#マイ本棚」タグの企画に便乗して、自分の人生を本棚の6区画でまとめる、という試みをしてみた

「マイ本棚でまとめるマイ人生」では、人生を

  1. 草創期
  2. 早期
  3. 前期
  4. 中期
  5. 後期
  6. 晩期

の6段階に分けた。

書斎の本棚の6区画をこの企画のために空け、詰められるだけ詰めた。

各区画についてのコメントはnoteに載せた記事を御覧ください。

ここでは写真に写っているすべての文献をリスト化することを目的とします。

2017.07.24追記:Amazonに存在する本を可能な限りリンクした。文庫化されているものや、より良い新訳があるものは可能な限り置き換えるか、括弧書きで添えた。

(1)草創期:中高生時代〜大学に入学してしばらく

f:id:hidex7777:20170722214657j:plain

※上にのっかっている本

(2)早期:ポストサリン事件、卒論提出まで

f:id:hidex7777:20170722214722j:plain

※上にのっかっている本

(3)前期:修士論文提出まで

f:id:hidex7777:20170722214745j:plain

続きを読む

角川『俳句』2017年6月号・カレンダーとか

sammā-samādhi by Hideo Saito on 500px.com

もう来月号が出てしまうので、角川『俳句』2017年6月号について、書いておく。

まず。拙句、対馬康子選・佳作で一句採られた。







紙面では、宇多喜代子の対談のゲストが中牧弘允で、話題はカレンダー(暦)なのだけど、中牧弘允といえば博識の文化人類学者で、日本の企業と宗教の関係を描いた本をいろいろ出していて、興味深い人。

最近だとはてな界隈ではダスキン宗教が話題になっていたけど、「王殺し」の儀式としての社葬とか、日本の企業って経営者の帰依する宗教によって成り立っている面が、少なくない。という部分を中牧さんは執拗に描いている。

宗教色を薄めて地方の中小企業にもゆきわたるようにシステム化したのが倫理研究所の主催する倫理法人会で、朝礼で『職場の教養』っていう小冊子を朗読させられている職場も多いのではないか。

倫理研究所の理事長・丸山敏秋は親学推進協会の評議員もやっている。つい先日、百田尚樹が代表呼びかけ人の「放送法遵守を求める視聴者の会」が「安保法制や特定秘密保護法に関するテレビの報道は反対ばかりに偏っており、放送法違反だ」というような記者会見をしたのが話題になったけれど(あとこの会の代表呼びかけ人がすぎやまこういちから百田尚樹に交代したと発表した)、この「視聴者の会」の賛同者にも名を連ねている。

日本会議の5周年へのお祝いの言葉「各界より」では

日本会議並びに日本会議国会議員懇談会設立五周年を心よりお慶び申し上げます。今日の世相を見るとき、ますます本会議の役割の重要さを痛感せずにはおられません。とりわけ、社会を構成している最小単位である家庭の崩壊は目を覆うばかりで、いっときの猶予もありません。この復旧への運動に今こそ開闢以来築いてきたすばらしい伝統文化に思いを馳せ、先人たちの尊き働きに感謝の念を抱き、よってたつところの精神的支柱を再び確立すべき危急存亡の時と申せましょう。

(各界より « 日本会議)

みたいなことを言っておりんす。

すごく余談だった。

『俳句』6月号の宇多対談では、世界中のカレンダーについて縦横無尽に語っていて、面白い。

「日本の四季の分け方には四つある」というような話があって、グレゴリオ暦太陽暦)と太陰太陽暦(いわゆる旧暦)と、二十四節気と、あとなんだろう。と思っていたら、そういうことではなくて、

というものらしい。後者2つは知らなかった。

あとまあ、世界中で「正月」を祝う風習はあるのだけど、グレゴリオ暦の1月1日をお祝いするのは世界中で日本だけだっていうのも面白かった。

そういえば新暦が導入されたのって、明治5年の年末、この年はいわゆる「閏月」があってほんらい13ヶ月ある年だったのだけど(12月のあとに閏12月が来る予定だった)、これを飛ばして新暦導入したのは公務員の月給を1ヶ月分安くするためだった、って池上彰が言ってた。昔。

宇多喜代子は《私のひいじいさんは改暦になったとき、「正月に月が出ているのはおかしい」と大騒ぎをしたそうです(笑)》と言っていて、そうよなあ、と思った。「ついたち」って「朔日」で新月ですものね。

「平成俳壇」から気になった句を列挙したいなあ、と思っていたら、ひとつき過ぎてしまった。網羅的でないけれど、ざっくり眺めたときにひっかかった句を挙げます。網羅的でないので、ここに挙げなかった句をよくないと思ったということではないです。

  • クレーン車吊るすクレーン霾曇り 近江満里子
  • 自販機の硬貨の響き春寒し 兵藤康行
  • 啓蟄や道を横切るゴムホース 千田一到
  • 記憶には残らぬ今日のたんぽぽ黄 神野志季三江
  • 白色のクレヨン増えてゆく春思 土井探花
  • 春風や波打つ水たまりの青 齊藤綺子
  • 啓蟄や女人来りて奇蹟説く 源和子
  • 朝東風や赤門前の製本屋 種田千代
  • 軒下の釘に吊るして雪合羽 川井鎮雄
  • 薪に薪立てて薪割る寒日和 岡井敬治
  • 裏通りにパンの樹の実や明易し 西村節子
  • ごみ出しに出て風花の中に入る 原美津子
  • 春浅し両手に余る飴もらふ 塩川怜子
  • 一年のおほかた闇にゐて雛 桜井教人
  • 冬薔薇抱へて入る銃砲店 鯉素奈
  • 鉄塔の脚は四本春一番 上野行治
  • 刃を入れてより白菜の芯衰ふ 筒井慶夏
  • きゆつと反る二月のメレンゲへ朝日 このはる沙耶
  • ゆるやかにまがりをるゆきのみち 相澤ひさを
  • 風上は醤油工場春兆す 白石久美子