読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangeProse別館

orangeProse(本ブログ)の補助

Chefのufwクックブック

f:id:hidex7777:20140730230625j:plain

Chefのufwクックブックの使い方がいまいちわからなかったので、公式のREADMEを訳してみました。

結論。nodeのjsonに直接ファイアウォールのルールを記述してしまっていいみたいですが(じっさい、ぼくは目下のところ、ステージング環境と本番環境の2つのノードしか考えていないのでそれが楽かもしれない)、練習も兼ねて、ロールでAttributeを管理するのがいいかなー、と思っています。

『Chef実践入門』にも「Chefで複数ノードを管理する必要が出てきたら迷わずロールを導入しましょう」(p.104)と書いてあります(第4章執筆id:naoya)。

(誤訳の責任はとらないので、よろしくお願い致します。英語としてよくわからん部分があったのでLang-8でネイティブに聞きましたが"This guy's language use is a mess"って言ってました。そのネイティブの解釈にも疑問があったので、この訳は俺様解釈で訳しています)


説明

Ubuntu上のUncomplicated Firewall (ufw)を設定します。ランリストにufwレシピをインクルードすると、ファイアウォールはenableになり、デフォルトで、SSHとICMP pingをのぞいたすべてをDENYします。

ルールをそのノードに付け加えるには、rolesにおける['firewall']['rules']Attributeにルールを加えるか、そのノードに直接加えます。firewallクックブックは、他のレシピからも直接ルールを適用するのに使うことができるLWRPを持っています〔訳注:ufwクックブックはfirewallクックブックに依存しています〕。明示的にルールを削除する必要はありません。変更やリセットのときにそのルールが再評価されます。ルールは、順序が明示されていないかぎり、ランリストの順に適用されます。

要件

Ubuntu 10.04と11.04でテストしました。

レシピ(recipes)

デフォルト(default)

defaultレシピは、適用すべきファイアウォール・ルールのリストを、ロールやノード自体に加えられた['firewall']['rules']Attributeから探します。そして、ルールのリストが、規定の順にノードに対して適用されます。

無効(disable)

disableレシピは現存するファイアウォールを無効化する必要がある場合に使われます。おそらくそれはテストのためでしょう。たとえ他のufwレシピがenableにしようとしても、ufwファイアウォールは無効化されます。

このレシピを削除しても、自動的に再有効化されるわけではありません。['firewall']['state']の値をクリアし、ファイアウォール・ルールの再計算を強制する必要があるでしょう。これはknife node editで行うことができます。

データバッグ(databag)

databagレシピは、ファイアウォール・ルールを適用するために、firewallデータバッグの中を見ます。それは、ロールのためのランリストの精査、およびデータバッグ項目にマップするキーのためのレシピ名の精査にもとづきます。そして、ファイアウォール・ルールは規定の順に適用されます。

ルールを適用するために、['firewall']['rules']Attributeがセットされた後で、databagレシピはdefaultレシピを呼び出します。なので、もし望むならロールとデータバッグ項目をミックスすることもできます(まずロールの適用、それからデータバッグの内容)。

レシピ(recipes)

recipesレシピはnode[<recipe>]['firewall']['rules']Attributeをもつレシピのランリストの精査にもとづいて、ファイアウォール・ルールを適用します。これらはnode['firewall']['rules']に追加され、そのノードに適用されます。クックブックはレシピのためのAttributeをつぎのように定義することができます:

attributes/default.rb for test cookbook

default['test']['firewall']['rules'] = [
  {"test"=> {
      "port"=> "27901",
      "protocol"=> "udp"
    }
  }
]
default['test::awesome']['firewall']['rules'] = [
   {"awesome"=> {
       "port"=> "99427",
       "protocol"=> "udp"
     }
   },
   {"awesome2"=> {
      "port"=> "99428"
     }
   }
]

'test::awesome'ルールは、その特定のレシピがランリストにある場合のみ適用されることに注意してください。レシピで適用されるファイアウォール・ルールは、ロールAttributeで定義されるルールのあとで適用されます。

セキュリティレベル(securitylevel)

securitylevelレシピは、強制される必要があるnode['firewall']['securitylevel']設定がある場合に使われます。これは設定されていないリファレンス実装です。

アトリビュート(Attributes)

ロールとそのノードは['firewall']['rules']Attributeセットを持つことができます。このAttributeはハッシュのリストであり、そのキーはルール名に、その値はパラメータのハッシュになります。適用の順序はランリストにもとづきます。

ロール例

name "fw_example"
description "Firewall rules for Examples"
override_attributes(
  "firewall" => {
    "rules" => [
      {"tftp" => {}},
      {"http" => {
          "port" => "80"
        }
      },
      {"block tomcat from 192.168.1.0/24" => {
          "port" => "8080",
          "source" => "192.168.1.0/24",
          "action" => "deny"
        }
      },
      {"Allow access to udp 1.2.3.4 port 5469 from 1.2.3.5 port 5469" => {
          "protocol" => "udp",
          "port" => "5469",
          "source" => "1.2.3.4",
          "destination" => "1.2.3.5",
          "dest_port" => "5469"
        }
      },
      {"allow to tcp ports 8000-8010 from 192.168.1.0/24" => {
          "port_range" => "8000..8010",
          "source" => "192.168.1.0/24",
          "protocol" => "tcp" //ポートレンジを使う場合プロトコルは必須です
        }
      }
    ]
  }
)

データバッグ(data_bags)

firewallデータバッグはdatabagレシピとともに使われます。それはロール名にマッピングする項目を含むでしょう(例:'apache'ロールは'firewall'データバッグのなかの'apache'項目にマッピングする)。ロールかレシピがキーになります(role[webserver]は'webserver'、recipe[apache2]は'apache2')。もしレシピで規定するファイアウォール・ルールがあれば、'::'を'__'(アンダースコアふたつ)と置き換える必要があります(例:recipe[apache2::mod_ssl]はデータバッグ項目においては'apache2__mod_ssl'です)。

データバッグにおける項目は、['firewall']['rules']Attributeに適用するための'rules'ハッシュ配列を含みます。

% knife data bag create firewall
% knife data bag from file firewall examples/data_bags/firewall/apache2.json
% knife data bag from file firewall examples/data_bags/firewall/apache2__mod_ssl.json

'firewall'データバッグ項目の例

{
    "id": "apache2",
    "rules": [
        {"http": {
            "port": "80"
        }},
        {"block http from 192.168.1.0/24": {
            "port": "80",
            "source": "192.168.1.0/24",
            "action": "deny"
        }}
    ]
}

リソース/プロバイダ(Resources/Providers)

firewallクックブックはfirewallfirewall_ruleというLWRPを提供します。そのためにufwプロバイダはあります。

ライセンスと著作者

Author:: Matt Ray (<matt@opscode.com>)

Copyright:: 2011 Opscode, Inc.

Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License"); you may not use this file except in compliance with the License. You may obtain a copy of the License at

http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0

Unless required by applicable law or agreed to in writing, software distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied. See the License for the specific language governing permissions and limitations under the License.


訳語の選択はできるだけ『実践Chef入門』に習いましたが、完全ではありません。