読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangeProse別館

orangeProse(本ブログ)の補助

NHK俳句とNHK短歌に掲載されました(2017年4月号)

初めて『NHK短歌』のテキストに短歌が掲載されました。と思ったら、工藤吉生さんの名前が。 ぼくがこうやって俳句とか短歌とかが何かに掲載されるたびにいちいちブログで報告するというダサかっこ悪いことをしている理由は、工藤さんがやっていたからだ。 ダ…

角川『俳句』掲載&うにがわえりもさんの句(2017年3月号)

今月は、一句、採っていただきました。 朝妻力選・佳作: 東北にゐて東北の枯野かな 斎藤秀雄 角川俳句にせよ、NHK俳句にせよ、直接は会ったことがないけれども「おっ」と思う句を書くひとの名前は覚えているもので、そういう名前をみつけると嬉しくなるし、…

『NHK俳句』に俳句が掲載されました(2017年3月号)

放送は3月で最終講義、4月から新年度がはじまります。 新年度選者は今井聖・高柳克弘(「高」は機種依存文字のハシゴダカ)・夏井いつき・櫂未知子、の4人で、夏井先生だけ継続。 とはいえ、テキストに掲載されることを目指して精進しているわれわれ底辺俳人…

『ネットプリント毎月歌壇』に短歌が掲載されました(2017.2月号)

谷川電話さんの選で、採っていただきました。 西風が火照つた頬へ猥褻にジャブ喰らはせてくる猥褻に 斎藤秀雄 12行の選評に、7回「変態」と出てきます。 くどいぐらい変態と言ってしまったが、ひとつの例外もなく、全部褒めことばだ。 有り難し、有り難し。 …

【朗読】ラジオ番組「朗読 一語一絵」がはじまります(出演予定)

新年の抱負じゃないけど、今年は朗読について、はてなブログで一定のドキュメント化をしていきたいと思っているきょうこのごろです。 というのも、日本の「声を発する業界」(歌や演劇や、なんやかや)には「ドキュメント化する努力」が決定的に欠けていると…

ネットプリント毎月歌壇に短歌が掲載されました(2016年11月号)

先月は谷川電話さんにとっていただいたのだけど、今月号では石井僚一さんにとっていただいた。 淋しいとラジオが沈む海があり胎内が星くずで満開 斎藤秀雄 「ネットプリント毎月歌壇」の今年度の選者は石井僚一さんと谷川電話さん。 配信開始いたします!【…

長田弘の詩集のこと7

引き続き「バラッド第一番」について。この記事で終わるかな? ひとまず、前回の続きの部分を、少し長くなるが引用しておこう。 さてこそ、 三色スミレを肴に そこの屋台で 冷酒をやろう。 あたたかな小便をしよう。 手帳と電話は きらいだ。 疑いを疑い、 …

長田弘の詩集のこと6

「バラッド第一番」の続き。 傷口のある頭で かんがえる。 われ思う、 故にわれあり。 いやさ われなきところで われ思う、 故に われ思わぬところに われあり。 祝うべき いわれはない。 いまここに あることだって、 はげしい 冗談。 (「バラッド第一番」…

長田弘の詩集のこと5

前回は「バラッド第一番」のエピグラフについてしか触れられなかった。のんびりやっていこうと思っていたら、あと1日半ぐらいで、朗読会本番になってしまう。できるだけこの記事で、残りをやっつけてしまおう。まあ、できるところまで、だけれど。 (※これま…

長田弘の詩集のこと4

※この一連の長田弘にかんする記事での引用は、ときに断りのないかぎり、2015年『長田弘全詩集』(みすず書房)を典拠とする。10月2日の朗読会も、本『全詩集』を典拠として行われる。したがって、『言葉殺人事件』の「バラード」シリーズはすべて「バラッド…

長田弘の詩集のこと3

※この一連の長田弘にかんする記事では、とくに断りのないかぎり、2015年『長田弘全詩集』(みすず書房)を典拠とする。10月2日の朗読会も、本『全詩集』を典拠として行われる。したがって、『言葉殺人事件』の「バラード」シリーズはすべて「バラッド」で統…

長田弘の詩集のこと2

この一連の長田弘関連の記事では、原則として、長田弘の詩の引用は、ことわりがない限り、2015年の『長田弘全詩集』(みすず書房)からである(前回の記事でこのことを書くのを忘れていた)。10月2日に行われる朗読会も、この『全詩集』を典拠としている。な…

長田弘の詩集のこと1

長田弘の詩について、これまでにあちこちで、いくつかのことを書いてきたけど、ぜんぜん言い足りなくって、書かないとなあ、と思って書きはじめた文章がたくさんあって、でもなんか違うんだよなあ、という感じがいつもつきまとうから、消してはいないけど「…

はてな朗読会第1回公演会

タイトルは嘘です。はてな朗読会というものがあるわけではなく(たぶん。はてなスペースに「朗読」スペースはあります)、はてなユーザーによる朗読会というわけでもないです。朗読者ではてなユーザーはぼくだけです(たぶん。知らないだけでじつは、とかだ…